Blog

ブログ
ブログ

「家づくりとお金の話」 5

私はこれまでたくさんの住宅ローンの申し込みのお手伝いをさせて頂きました。

昔は住宅金融公庫と併用年金による「公的融資」が一般的でした。
公庫の申し込み用紙は一般の方には記入するのが結構難しい書類でした。

でも何度も申込用紙を書いて行くうちに段々慣れてきて申込用紙の「記入例」など見なくてもさらさらと書けるようになりました。

ところがその後、住宅金融公庫が徐々にシェアを民間金融機関に奪われる形となり金融機関独自の住宅ローンが多くなってきました。

せっかくさらさら書けた申込書なのに・・・・(笑)

そして旧住宅金融金庫の業務を継承したのが住宅金融支援機構。
いわゆるフラット35ですね。

住宅ローンっていったい何に対してお金を貸してくれるのでしょうか。
そう考えることにより金利や融資条件がそれぞれに違う事が理解できます。

例えば、

・フラット35は「建物に対しての融資」

・民間の住宅ローンは「人間の信用に対しての融資」

ということになります。

その他にも

・財形融資なら「給与や賞与から天引きで積立てする財形貯蓄に対しての融資」

・勤務先の融資制度は「大企業の福利厚生の一部」

・公務員共済は「相互救済を目的とする共済組合制度」

それぞれ融資条件、借入限度額、諸費用、そして融資金利が違います。

住宅ローンは毎月毎月、そして長期に及ぶローンです。

どれが一番良いのか・・・・

家電屋さんで電化製品を選ぶみたいに「一番良い」っていう基準は人によって違うのでなかなか難しいですね。

金融機関からローン提案書をもらってもイマイチわからない点も多いですし。
住宅ローンを借りられる施主さんはみんな同じように不安だと思うのです。

次回は私なりに住宅ローンについてのアドバイスをお話ししたいと思います。

家づくりは「話し合う」ことから始まります

オリジナルウッドの坂本です。

家づくり(リフォームも含めてです)はご家族にとって人生の大きなイベントの一つです。
これから住宅の計画を始められる方々は「不安・悩み」など少なからずある思います。
そしてそれらの不安や悩みはどのご家族も似たようなものが多いのです。
私がこれまで住宅建築の仕事に携わって得た経験や情報が皆さんのお役に立つかもしれません。
書くということに不慣れな私ですが、気軽に読んでくださいね。