Blog

ブログ
ブログ

ワールドカップ

昨日は朝4時に起きて「アルゼンチン vs メキシコ」。
さすがメッシ。
それから仕事。
晩御飯を食べて「日本 vs コスタリカ」。
うーん残念でした。
勝つと思っていたものですから試合が終わってしばらくボーッとしてしまいました。
いや、切り替えましょう。
ドイツに勝ったんだからスペインに絶対に勝てないってこともないと信じます。
スペインでプレーする久保選手の大活躍願ってます。

ワールドカップの期間中は放映時間に合わせて寝たり起きたりするものですから体が変な感じ。
ワクワクするんだけど体調悪くなるので早く終わんないかな〜ワールドカップ。
私みたいな人結構いると思うんです。

仮説

雨漏りを見てほしいと依頼されました。
私が建てた住宅ではありませんが、たびたびこのような依頼を受けることがあります。
雨漏りの原因を探すのはなかなか難しいんです。
屋根や外壁、バルコニー、サッシなど家には疑わしい箇所がたくさんあります。
場合によっては原因が一つではないこともあるんです。(これが厄介)

新築して比較的早い段階で雨漏りが起きているのなら施工不良を疑わなければいけません。
10年以上経ってからいきなり雨漏りがする場合、外壁のコーキングや、バルコニーの防水など経年劣化による可能性が高いです。
他にも地震や台風で瓦がずれたりしたときも急に雨漏りが起こります。
このように仮説をたてながら推測するのです。
簡単なものならその場でわかります。
難しいときは一つ一つの仮説を実証しながらになるので時間がかかります。
今回は外壁とバルコニーの取り合いのコーキングの劣化だと思います。
応急処置がされてましたのでしばらく様子を見てみます。
止まってほしいなぁ。

地鎮祭

おととい地鎮祭を行いました。
私は仕事がら地鎮祭に参加することが多いので(当たり前ですが)二礼二拍手一礼を間違えたことはありません(普通間違えないですよね)。
でも神主さんによっては玉串奉奠のやり方が独特なケースがあって、一度額の前にかざしてから玉串を時計回りにしてそれからこのように重ねてそれから・・・・とか言われるとテンパって間違えそうになります。

少しでもルーティンが変わると失敗するんですよね。
外出するときもちょっといつもと違うことをすると忘れ物をしてしまいます
職人さんも良い仕事をする人はルーティンがしっかりしてます。
基本に忠実なんです。
ですから失敗も少ないですし、仕事のクオリティも安定しています。
そんなところは見習いたいと思ってます。
あんまり地鎮祭に関係ない話でした。

パンフレット

パンフレットを作り直そうと思っています。
弊社は何度か広告代理店に住宅の作例をまとめた冊子を作ってもらったことがあります。
さすがにプロが作るパンフはきれいで素晴らしかったのですが少し内容が古くなってしまったんです。
私はなんでもやってみたいタイプです。
自分でオリジナルウッドパンフレットをつくってみようって思ったのです。

20年くらい前は自社のホームページも自分で作っていました。
子どもたちが小さかったので寝た後に毎日少しずつ更新してました。
建築写真も自分で撮りましたし、お伝えしたいことの一言一句も自分で書きました。

MacromediaFireworksでアイコンを作ったり、Flashで動画を作ったり。
それをAdobe GoLiveでサーバーにアップロード。
途中で意味不明のフリーズが起こって台無しになったり・・・
懐かしい〜
予想以上に出来が良かった日は孤独の満足。
ちょっと昔を思い出しました。

運転

今日は久しぶりに長距離を運転しました。
津幡→野々市→津幡→小松→津幡と続けての移動でしたのですっかり肩が凝ってしまいました。
やっぱり歳なのかな〜

小松ではいつもお世話になっている建材屋さん主催のセミナーに参加しました。
私はせっかちなので時間がかかるセミナーの類はほとんど出たことがありません。
でも今回は低炭素社会実現に向けた住宅性能に関する内容でどうしても聞きたいと思ったんです。
断熱材、サッシ、空調、換気システム、太陽光、EVなどいくつものメーカーさんに直接聞けるのはとても有り難いことです。

物事にはなんでもメリットがあればデメリットがあります。
一方を尊重すればもう一方が成り立たない関係(トレードオフといいます)はどの分野でも起こりうることです。

例えば部屋の中の温度を25℃に保とうとします。
当然換気扇を回すと暖かい熱は徐々に外へ逃げていってしまいます。
しかし熱交換型の換気扇なら暖かい空気から熱を回収し、外気に熱を移すことができます。
ですから寒くなりにくいのです。
省エネです、いいですね。
でも後者のほうが電気代が数倍高かったらどうでしょう。
家計からすれば換気に関する支出はほとんど変わらないのかもしれません。
こういう点は施主さんに丁寧に話さなくちゃいけないと思うんです。