Blog

ブログ

「スマートな空間、生活スタイルの家をつくるには」 6

オリジナルウッドの坂本です。

前回はお気に入りのアイテムを取り入れることを前提とした空間づくりについてお話ししました。

私のなら読書とDVDでの映画鑑賞が好きなのでリビングに本棚と
大画面液晶テレビを配置することを前提とした空間づくりを考えます。

今回は「スマートな空間づくりと設計」についてお話しします。
家の計画を進めていく上で「一番楽しくて一番難しい」のが設計図を決める作業です。

当然、建築士と何度も話し合い「積んだり崩したり」しながら進めていくことになります。

建築士と直接会うことなく設計図を提出するビルダーは論外です。
施主さんと直接面会し、ヒアリング、そしてスケッチなどすることでこれまで気づかなかった
アイディアがお互いに出てきます。

そしてより感情のこもったご提案ができると思うのです。

建築士と一般の施主さんが考える設計図の違いは何だと思いますか。

それは空間を2Dではなく3Dで考えるところです。
例えばリビングの天井を吹き抜けのある勾配天井にしようとすると
上の階には部屋はとれません。
二階建て住宅であれば一階と二階の間取りを同時に考える必要があります。

それと家の内観デザインを考えながら外観デザインも考えます。
最近の流行はワンルームを基調としたシンプルな間取りです。

大きな空間をつくろうとすれば梁のスパンが大きくなり、
強度的な問題も考慮しなければいけません。
そうすることにより与えられたスペースの中でダイナミックな空間づくりができます。

建築士は家族構成(現在と将来)、家族の住まい方、趣味、構造強度、そして予算。
これらを念頭に置きながら経験に従って設計を進めます。