Blog

ブログ

「スマートな空間、生活スタイルの家をつくるには」 5

オリジナルウッドの坂本です。

前回はLDKを手軽でしかも大きく空間イメージを変えられる
「キッチンや造作家具」のリフォームをご紹介しました。

今回は新築の場合の「スマートな空間、生活スタイルの家」をつくる方法です。

リフォームは建具や間仕切り壁を取り払う程度でしか空間を広げらません。
構造上重要な柱や筋交いは取れませんので空間づくりの自由度は下がります。
新築の場合は一から建物をつくるわけですから、思い切った空間デザインが可能です。

例を挙げますと、

・登り梁を架ければ開放的な羽目板張りの勾配天井ができる。
・構造上強度の高い梁を使えば、ワンルームを基調としたシンプルで大きな空間が可能。
・リビングとシームレスに使える大きなウッドテラスやバルコニー。
・断熱の性能が良ければ天井いっぱいの大きな窓やトップライトも取り付けられます。
など。

私の経験を申し上げますと「どんな住まい方をしたいのか」をはっきりさせておいた方が
満足出来る家に仕上がると思います。

雑誌やチラシの切り抜きでもかまいません。

実際にあった話をしますと設計図が決まった後、
奥様の要望でシステムキッチンだけ変更になりました。
「トーヨーキッチン」のおしゃれなシステムキッチンです。

ところが図面の中に配置してみるとどうもしっくり来ないのです。
キッチンは納まるのですがパンフレットのような空間イメージになりません。
考えたあげく勾配天井にしてキッチンに負けない空間デザインにやり直しました。

その結果、施主さんに大変喜んでいただきました。
「おしゃれなシステムキッチンを入れる前提でキッチンの計画をする。」
ことが重要だったのです。

その方が空間のテーマやコンセプトが決めやすくスマート空間に近づきます。
他にも同じような事があると思うのです。

大画面液晶テレビやソファー、ダイニングテーブルやチェアーなど。
お気に入りのアイテムが自然におさまるような空間づくりを
考えてみてはいかがでしょうか。